Events Calendar

Previous month Previous day Next day Next month
公募型キャンププログラム「BioCamp : Gardens as ‘Biotechnik’」
Wednesday, 14 February 2018
Thomas Landrain
                                                                  

公募型キャンププログラム「BioCamp : Gardens as ‘Biotechnik’」
会期:2月10日〜17日
会場:
Redbull Studio Tokyo – BioLab Tokyo/FabCafe MTRL
Meca (Media Culture in Asia) 関連企画


「バイオテクノロジーとアート」をテーマに、国内外から広く参加者を募る公募型キャンププログラム 「BioCamp: Gardens as ‘Biotechnik’」が開催されます。本ワークショップでは、「庭」をテーマに、人間の生態 や社会生活にまで深く関与するバイオテクノロジー(生命工学)を批評的に捉え、能動的・創造的に活用することを目指します。バイオアートの第一人者であるJoe Davis(ジョー・デイビス)をはじめ、世界各地の専門機関からアーティストや研究者が集結。20名の参加者とともに、トークやワークショップを通じ、世界的に広がりを見せているDIYバイオのラボやコミュニティ間の国際的なネットワーク構築を図ります。

 

2月14日には、フランス人研究者、実業家、のトマ・ランドランが講師を務めます。新たな研究方法の発見や、科学のビジョンに変化を与えるべく取り組んでいるその研究や、バイオテクノロジーの新しいアクセシビリティについて紹介します。バイオテクノロジーを私たちがどのように
利用することが可能かについて、理解を深めます。

 

トマ・ランドラン(Thomas Landrain)
バイオハッカー、オープンサイエンスと科学版「DIY」の提唱者。フランス初の共同体ラボ「ラ・パイヤス(La Paillasse)」を創設。

 

https://lapaillasse.org/

 

 

 

公募型キャンププログラム「BioCamp : Gardens as ‘Biotechnik’」
プログラムディレクター:Andreas Siagian(アーティスト、エンジニアLifepatch)[インドネシア]、Georg Tremmel(アーティス/BioClub、BCL)[オーストリア、日本]、石塚千晃(アーティスト/BioClub、Loftwork)[日本]

 

ゲスト講師:Günter Seyfried(アーティスト/pavillon_35)[オーストリア]、山内朋樹(大学講師、庭師/京都教育大学)[日本]、Joe Davis (アーティスト)[アメリカ]、Ionat Zurr(アーティスト、研究者/SymbioticA)[オーストラリア]、Thomas Landrain(バイオハッカー、実業家/Just One Giant Lab、PILI、ラ・パイヤス)[フランス]

 

※参加者の募集は締め切りました。
詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

Media Culture in Asia

Location Red Bull Studios Tokyo
渋谷1-3-3
東京都
〒150-0002
日本
http://www.redbullmusicacademy.jp/jp/home/